あら川の桃

 


きのう、和歌山県の名産、「あら川の桃」をいただき仏壇へ供えました。部屋中、いい匂いが充満しています。二箱もいただいたので、今日は隣町の親戚の家へもおすそ分けで持っていきました。途中、車の中は、完熟した桃の匂いがむんむんしていました。親戚から、お礼に「干し梅」を一樽もらったので帰りの車は梅の酸っぱい匂いが心地よかったです。


今日は、夕立があり、その後、ずいぶん涼しくなりました。

スポンサーサイト

水のありがたさ

 池

暑い日が続き、川の流れも浅くなっています。庭の池には谷から水を引いていますが、涸れることもなく水音を立てて涼を誘います。

well.jpg 井戸

我が家の家庭用水は、今は、井戸でまかなっています。深さ、およそ11m。写真の水色のブリキで囲っている中にポンプがあります。この井戸も、どんなに使っても水が涸れたことはありません。畑の灌水にも使います。この時期、ひんやりと冷たく本当に気持ちいいです。井戸の難点は水圧が低いことです。同時に二か所で蛇口をひねると水圧が下がるとか、水洗トイレのタンクに水が溜まるのが少し遅くなるとか。しかし、水道代は不要だし(ポンプの電気代は要りますが)、お風呂をためてもカルキ臭くないし使い心地は快適です。


kangaroo.jpg 
[ブリスベーン:カンガルー公園〕 
水のことを考えていたら、10数年前、オーストラリアのBrisbaneでホームステイしたことを思い出しました。オーストラリアの家庭では日本のように水をじゃんじゃん使えません。ホームステイ先は一人暮らしの若い女性の画家の家でした。彼女が友人に、日本人をホームステイさせるにあたって、注意すべきことは何かと尋ねたのだそうです。友人のアドバイスは、日本人は、お風呂で水をたくさん使う習慣があるので、それだけはだめだと注意してあげなさいということだったそうです。そこの家にはバスタブはなく、シャワーだけでした。水圧もあまりありませんでした。とにかく毎日、シャワー室を使うのは15分以内にするようこころがけ実行ししたものです。

brisbane1.jpg 
ホームステイ先のおうちの庭

熊野古道清姫まつり

 kanban.jpg

和歌山県田辺市中辺路町で開催された「熊野古道清姫まつり」へ初めて行きました。川原が会場になっていて、駐車場も川原。大勢の人出にびっくりしました。屋台もいっぱい出ていました。7時半ごろ会場に着いた時、和太鼓の演奏をしていました。

hime.jpg 

まつりの最大の見せ場、大蛇となった清姫が川を渡ってきます。

firefly.jpg 

フィナーレを飾る花火。清姫の怨霊が燃え上がるのでしょうか。
間近で花火が見られてluckyでした。

暑さ対策「スプリンクラー」

 


[暑さ対策]

庭に臨時のスプリンクラーを夕方設置。打ち水効果大です。池に入ってきている水は谷水ですが、スプリンクラーの水は井戸水です。家をここに建てた時、上水道はなかったので井戸を掘ってもらいました。当時、この集落の家は、みんなそれぞれ井戸を掘って水をまかなっていました。我が家の井戸はおよそ11mの深さです。ポンプで汲み上げています。今では、この集落も上水道が通り、何年前からだったか忘れましたが、かなり前になると思います。多分30万円を加入料として払い、水道管がきていますが、今は、もっぱら井戸水を利用しています。井戸水は、夏はひんやりと気持ちよく、冬はあたたかく感じます。

最高の暑さ

 
暑い!今夏最高の暑さ!この山の村でも昼間は暑い!午後2時ごろ、室内は、リビングで30度、キッチンで32度。ところが、外は、日陰でも36.5度。なんじゃ、なんじゃこの暑さ。
ここに38年前に家を建てましたが、その頃は、夏に、扇風機もほとんど必要なかったのです。ましてや、クーラーなんて全く必要ありませんでした。しかし、今日は、エアコンをつけた室内で、高校野球の予選を見たり、録画でドラマを見たり、エアコン漬けです。
でもさすが、山の中。朝夕は涼しくなります。夜は、網戸だけで涼しく寝ることができますから、今夜も多分、夜は涼しくなると思います。

鬼百合

 おにゆり


庭に1本だけ鬼百合が咲きました。この花を見ると、子どもの頃の夏を思い出します。夏というよりお盆の頃とイメージがつながります。子どものころ、この百合の根を父が掘って、煮物にして仏さんに供えていた記憶があります。

鹿の食害を受けないもの

 
青々と育ってきた稲。ここまで育つと、鹿は食べないそうです。堅いからでしょうか。

sikimi1.jpg  シキミ
農家のおじさんが教えてくれました。鹿が食べないのは、シキミ(樒)とこんにゃくの葉とハブ茶の葉だけだと。


sikimi2.jpg 
近所のシキミ畑。この辺りでは、シキミを栽培している家が多いです。切りそろえて農協等へ出荷します。現金収入になります。

今朝の野菜

 
今朝、採ったキュウリとトマトです。キュウリは最盛期、トマトは既に何個も収穫しています。
新鮮な野菜を、朝から食べることができるのは、うれしいことです。

悔しいお話

70代の知人夫婦が立派なかぼちゃをいくつも育てていました。きのうの午後、おじいさんは農作業に出かけました。おばあさんは、近所の人の車に乗せてもらって久々に町へ買い物に出かけ、ついでに町に住んでいる息子の家にも寄って帰ってきました。ところが、なんということでしょうか。帰ってみれば、畑のかぼちゃは全部、猿に食べ荒らされていました。ああ、悔しい、悔しい!

 
この写真は、その夫婦の隣の家のかぼちゃです。石垣の上に伸びていた蔓に一つだけ成っていたかぼちゃがとられました。

corn.jpg

watermelon.jpg 
我が家の畑が狙われるとしたらこのトウモロコシとスイカかもしれません。
猿の被害から守るのはむずかしいのですよ。



 


サンパチェンス

 
サンパチェンス
今年初めて育てたサンパチェンス、1株で大株に育ちました。
梅雨空が続いていた間は、夕方だけの水やりでよかったのですが、このところの昼間の暑さで、朝夕水やりをしても、昼間は、しおれてきます。鉢も小さすぎたようです。来年は、もっと大きな鉢で育てるつもりです。日陰へ移動して暑さをしのいでいます。

プロフィール

nobotanさん

Author:nobotanさん
リタイアして早や云年目。時間だけはゆとりがあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR