どうぞよいお年をお迎えください

今年も残り3日となりました。

冬らしい寒さになってきましたが、今日もきれいな青空が広がっています。

今年最後の記事になると思いますので、年末らしく活気のある市場の様子とレストランの窓から見えた本日の海の写真を載せます。

今年一年、拙いブログを訪問してくださいましてありがとうございました。

国内外の方々のブログを読ませていただき、楽しかったり、為になったり、視野が広がったりと、良い時間をもたせていただきました。
ありがとうございました。

皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

151229b.jpg 


151229a.jpg


スポンサーサイト

暖かいイブ

なんとも暖かいクリスマスイブです。

暖かいから、ハエが1匹、家に入り込み、飛び回る音がなんとも耳障り。
ハエたたきを持って奮闘。
やっと、床に降りてきたチャンスにやっつけました。


孫達が小さかった頃は、おもちゃや、本や、洋服などクリスマスプレゼント選びも楽しみでしたが、大きくなってくると、じじばばのその楽しみはなくなってきました。


今日も、山の方へ行きました。

霧が濃かったですが、太陽が当たると霧も上昇し始め、山の上で面白い形を作っていました。

151224a.jpg 

地元の中学生が、終業式の今日(多分、今日が終業式だと思います)道路のゴミ拾いを始めるところでした。

この山道は村と市内を結ぶ重要な幹線道路です。

過疎化で生徒数も相当減少していますが、もう何年も続く学校行事です。

151224b.jpg 
途中、警察のパトカーにも出会いましたから、多分、この行事に合わせて安全のためパトロールしてくれているのでしょう。

吊り橋のある集落

山奥の村へ行くと、まだ、こういう吊り橋が生活道路として残っています。
151218a.jpg 
この橋の向こうに2軒ほどの家があります。

151218c.jpg 
下の川の流れが丸見え。
こういう橋は一人で渡る方が歩きやすいです。
他に一緒に渡る人がいると、橋の揺れに合わせ難くて、バランスを取りにくいのです。

151218b.jpg 
橋の下に面白い形の竹が立っていました。
多分、川が増水した時、相当、濁流に痛めつけられながらも残ったのでしょう。

こんな山奥へ何をしに行ったかというと、夫の趣味の一つであるハンティングに同行したのです。

ミツバチの巣がダメになりました

ミツバチの巣に蛾の幼虫が繁殖し、ダメになりました。
151211b.jpg
木の幹をくり抜いた巣箱です。
写真の白い膜状の中に蛾の幼虫が蠢いていました。

151211c.jpg 
泣く泣く、巣箱ごと焼却処分に。

趣味で飼っているものですが、なかなか難しいようです。

映画「海難1890」



映画「海難1890」を見てきました。
1890年9月16日、オスマン帝国の軍艦「エルトゥールル号」が和歌山県串本町大島沖で座礁、大破。
乗組員600名以上が台風で荒れた海に投げ出され、犠牲者は500名以上。
大島の島民は必死に救出にあたり69名が生存。
このことがそれから95年後のイラン・イラク戦争の時のトルコ航空機による日本人救出につながったとも言われる。

こういう史実を基にした映画です。もちろん史実に物語性も加えています。
遭難の場面は、迫力があり、また、その後のテヘランでの日本人救出に至る空港での場面も感動的に描かれていました。
映画館の中では、すすり泣きも聞こえてきました。私自身も目頭が熱くなりました。

151207b.jpg

「あれぇ~!あんた今でもうちの息子と同い年なの!」

今は亡き母は、とにかく話好きだった。

昔は、田舎の家へ、富山と奈良から薬屋さんがやってきて、家庭用常備薬を置いていった。

それぞれ、年に一回やってきていたと思う。

そういう薬屋さんとも母は、何かと話をするのが好きだった。

ある時、母が富山から来ている若い薬屋さんと、縁側で話しているのが聞こえてきた。

その頃、私は中学生だったが、私には、かなり年の離れた兄がいて、兄は既に社会人で街で公務員をしていた。

母は、その薬屋さんに年齢を尋ねた。

そして、驚いたように言った

あれぇ~!あんた、前も、うちの息子と同い年だったけど、今も同い年なんやな!」

何十年も経った今でも時々思い出して可笑しくなる。

家を売りませんか

ある不動産会社から手紙が来た。

今までに関わったことがない会社だ。

開けてみると、「○○○にお住まいのあなた、家を売りませんか。」と、いうような内容だった。

去年、新築したばかりなのに、何を言っているのだ、失礼な!
査定は無料です。とか。
結構です!今のところ売るつもりはありません。

近所の人に聞くと、そこの家へもその手紙は来たそうだ。

その家も2年前に新築したばかりだ。

多分、他の家にも来ているのだろう。

ところで、この不動産会社は、ここの住所や氏名をどこから入手したのだろう?
プロフィール

nobotanさん

Author:nobotanさん
リタイアして早や云年目。時間だけはゆとりがあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いろいろ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR